コンフォートシューズの代名詞 フィンコンフォート

フィンコンフォート アトランタ

ドイツを代表する整形外科靴ブランド、「フィンコンフォート」のシューズは
私が持っている数々の靴、コンフォートシューズの中でも
やはり最高ランクのはき心地とモノとしての満足度を感じます。

ドイツの頑固な手作り靴、という感じの靴は、
また、確かな技術と哲学に裏づけされた、本物の靴とも言えます。

投稿者 naga : 17:32 |


                    スポンサードリンク
  

フィンコンフォート Finn Comfortは1986年から
ヴァルディ社によって製造されているコンフォートシューズのブランドで、
世界30ヵ国以上で展開されている、コンフォートシューズとしてはドイツ最大手のブランドです。

今も工場はドイツ国内だけ。
ドイツで手作りされたメイド・イン・ジャーマニーのフィンコンフォートは
使われている素材も天然レザーの他、コルクやラテックスなど
可能な限りのほとんどの部分で、自然の素材が使われています。
そんなこだわりの昔ながらの靴は、インソールが交換可能な他、
アウトソールも修理して長く履き続ける事ができます。


肝心の履き心地・歩き心地ですが、ラストが自然な足の形に合っている事、
インソールのフットベッド(アインラーゲンといいます)のサポート、
しっかりと踵を支えてくれるカウンターなどなどのおかげか
長く立ち、歩いていても疲れませんし、踵も外反母趾も痛みにくいのです。
やはり高いけれど、いいものは良い、とつくづく感じます。

指先の当たらない十分なスペースを持ったトゥボックス、
スリムなのにしっかりとクッションの入ったトップライン(履き口)、
細かく整形外科学や解剖学的な知識に基づいて開発されたフィンコンフォートは
裸足でいる時と変わらない開放感と快適さを持っています。
足が楽と感じるだけでなく、関節・腰・股関節・せき柱・膝などにかかる負担を和らげます。
また、ゆったりとした足先だけでなく、全体が呼吸出来る天然素材と
通気溝等の通気機能のおかげで、蒸れずに快適な環境も考えられています。


なお、糖尿病や足の痛みなどで敏感な足の方向けには
"スーパー・フィン・コンフォート"というラインも用意されていますし、
ナースシューズのラインも用意されています。
さすがに本物の「足の為に良い靴」といった所ですね。

フィンコンフォート アトランタ サイド
これはアトランタ ATLANTA というモデルを側面から見た所。
フィンコンフォートの製品には様々な都市の名前が付けられています。

足の甲の部分をぴったりと合わせる為に、フィンコンフォートでは
多くの製品で紐で(一部商品はマジックテープ)編み上げたデザインが多いのですが
靴を脱ぎ履きする事の多い日本限定モデルにジッパーを使ったAKITAというモデルもあります。

しっかりしたフォルムは本物の品格も併せ持っています。
健康靴の割にはスマートなフォルムなのも特徴的です。
こんなに細身で足先もスリムなのに、ちゃんと足先にはゆとりができ、指も動くんです。

フィンコンフォート アウトソール
女性用のアウトソールは中程が細くスマートにデザインされています。
踵の部分に大きくくぼみが付いていますが、この窪みは歩行時の衝撃を吸収する為の仕組みです。
このソールは丸ごと取り替えて修理してもらう事が可能です。


[PR]

投稿者 naga : 2009年7月6日 17:32

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ


< /br>< /br> < /br>< /br>